オヤジは何故クサイのか?

元々、オヤジは臭い、よく耳にする言葉です。
中高年になると、なぜ臭いと言われるようになるのでしょうか?
実は、なぜ中高年男性が臭いと言われるのか、その原因は判明しています。
中高年の臭いの元となっているのは、ノネナールというニオイ物質です。

蝋燭や古本などの臭いに例えられる事が多く、悪臭の原因となっています。
加齢とともに、皮脂にノネナールの元になる成分が増えていきます。
また酸化に対する抵抗力も弱まるため、この物質が増えて臭いが強くなるという理屈です。
また普段の食生活の中で、脂肪分の多い食事を取っている人ほどノネナールが生成されやすいようです。

とは言え、食生活を急に変えるのは難しいですよね。
加齢臭に抑えるためには、専用の消臭石鹸を使うのが一番効果的です。
皮膚上に発生したニオイ物質を洗い流し、その上で新たな臭いの
元の発生を抑えるために、皮膚上の雑菌を殺菌し、衰えた酸化に対する抵抗力を補ってくれる製品がベストです。
インターネットで検索して、色々と調べた結果、AGICAという会社のスキンケアソープが効果があるようです。

加齢臭と言えば、柿渋も有名ですが、AGICAの方がより効果的なようですね。
元々、AGICAの社長さん自身、体臭に悩まされて柿渋石鹸を試したところ効果がなく、それならという事で開発されたのが、スキンケアソープですので、柿渋よりも効果があるのは、当然かもしれません。
加齢臭に悩んでいる方は、一度調べてみると良いですよ。

画像