コナミ新作音ゲー「GITADORA(ギダドラ) オーバードライブ」

今作は、完全新曲がデフォルト4曲(「残酷な天使のテーゼ」「101回目の呪い」「Start it right away」「でんでんぱっしょん」)と非常に寒い状況でのリリースとなった。
しかし、Long曲(現時点で2曲「Sweet Illusion」「Departure」)の復活など目新しさはないが、旧作からのファンの期待に沿うものとなった。

さて、新曲情報はドライブキャンペーンによる追加4曲(「狂艶ノ華」「家出少年と迷子少女」「一粒のナミダ」「jkパラダイス」)以外に、特別な発表は無いものの、前作同様に他のBEMANI機種との連携で、この先、曲が大きく増えてゆく可能性に期待が掛かかっている。

また、今作は前作の夏バージョン以前では、あまり好評とは言えなかったが、それ以降に評価を上げたGITADORA(ギダドラ)アプリとの連動性に期待が持てる。

このアプリでは、アーケード版で解禁した曲、旧バージョンで登場した曲を4曲単位(¥500)で購入することで、同アプリ内における、ギター、ベース、ドラムのパート全てを遊ぶことが可能となっている。
また、ギタドロップというアイテムが存在し、このアイテムを使ってアプリ内の曲解禁に使用することが可能だ。
KONAMI ID登録で10個、eAmusementカードとの連動で15個、プッシュ通知ONでスタンプを集めても貰う事が出来る。
現時点(2014/03/18)では、アーケード版1プレー毎に5個貰えるため、~3/31までの間に、全部で100個集めれば曲の選択権は無いものの、10曲貰えるようになっている。
更に、アプリ内の「クエストモード」を進めることでも、曲を貰うことが出来る。
この先、まだまだ変化する可能性のあるGITADORAに期待したい。