腰痛が悪い人は姿勢を矯正しましょう

事務職で腰痛がひどい人は、座っている時の姿勢に問題があるかもしれません。
実は、腰に一番負担が掛かっているのは、椅子に座っている時で、寝ている時の10倍、立っている時の2倍の負担が掛かっていると言われています。
元々、身体を折り曲げた姿勢を長時間取る事自体、人体の構造上あまり向いている事ではないのです。

特に日本人の場合、坐骨の位置の問題があり、従来の椅子に普通に腰かけると、坐骨が後ろに倒れてしまいます。
坐骨が真っ直ぐに立っていないと、脊椎が不自然な形で曲がってしまい、正しい形状を保つことができません。
脊椎は人体を支える、もっとも重要なものですから、これが正しい形になっていないと、体重を筋肉で支える事になり、腰や背中などに重い負担が掛かるのです。

参考:「姿勢腰痛

欧米人などが、椅子に腰かけた際には、きちんと坐骨が立っている状態になりますので、これは日本人特有の問題でしょう。
日本人に腰痛もちが多い原因のひとつです。
この問題を解決するには、姿勢を矯正する椅子を使用するのが効果的です。

画像