アメリカでひげを生やすことが流行

ひげは似合う男性と似合わない男性がいますね。
似合う人ならいいですが、似合わない人が無理に生やすならば剃って綺麗にしていたほうがいいような気もします。
男性にとっても毎日剃らないといけないので手入れが大変ですし、無精ひげにしてしまうと見苦しくなります。

ところが最近、アメリカではひげを生やすのが流行しているらしく、わざわざ植毛手術をしてまで生やす人がいるというニュースを見ました。
ひげが薄い人にとってはひげが似合う男に憧れることもあると思いますが、植毛してまで生やすというのにはびっくりです。

元々は火傷の痕を隠すための植毛手術だったようですが、今で美容目的で手術する人もいるということですから分からないものです。

私はひげと言ってすぐに思い浮かぶのがメジャーリーグのボストン・レッドソックスとニューヨーク・ヤンキースです。
ヤンキースはひげ禁止ということで有名なので、移籍した選手はみんな綺麗サッパリひげを剃っています。

一方、レッドソックスはそういったことがないので、ひげを生やしている選手が沢山います。
レッドソックからヤンキースに移籍するとひげを剃るので、一瞬誰だかわからなくなることもしばしばです。

どうして今になってひげを生やすのが流行しているのかは分かりませんが、そのうちひげを剃ることが流行する日が来るかもしれませんね。