ナルトがもうすぐ最終回へ

現在、ナルトとサスケはうちはマダラの圧倒的な力の前に死亡してしまいます。
そして仲間のおかげで復活しますが、復活する前にある出来事が二人に起きます。
それはすべての忍術を作り、忍というシステムを作った六道仙人との出会いでした。
ナルトとサスケは同じ場所にはいませんでしたが、同じ六道仙人と会話していました。
その時にナルトとサスケはある事実を教えてもらいます。
実はナルトとサスケは六道仙人の二人いた息子が転生した姿だと言います。
六道仙人の息子二人は六道仙人が死ぬ時に力を分け与えました。
弟は強い精神の力をもらい、兄は目の力をもらいました。
しかし兄は自分が後継者に相応しいと思っており、自分がすべての力をもらえなかった事に納得できませんでした。
それがきっかけで兄は弟と争いを始めます。
これがこの後の時代に続く因縁の呪いでした。
過去を話してナルトとサスケに答えを聞きます。
ナルトは仲間を守りたいと言いましたが、サスケ方は回答の描写はありませんでした。
恐らくサスケも同じ事を言ったと思います。
そして六道仙人から力を二人に託されます。
ナルトサスケの関係は一世代前にもありました。
柱間とうちはマダラでした。
もうすぐナルトは最終回を迎えます。