離乳食っぽい!

娘がノロウイルスに罹り、食事は毎回消化の良い物を食べているのですが、その消化の良い物って、作ってみるとなんだかとても懐かしい『離乳食の完了期』の食事なのです。
初日は食欲も無く絶食状態だったのですが、翌日から白かゆを食べ始め回復を見ながら、くたくたに煮た野菜スープでおじやを作ってみたり、うどんは、消化が良いように、ちょっと短く箸で切って……。
そんなことをやっていると、うわぁ~。懐かしい!!
娘の食事を準備する毎食ごとに、ニタニタ笑いながら、とても懐かしく、娘が赤ちゃんだった頃を思い出しました。
スープの出汁も、飽きないように白身魚や鳥のささ身を使ってみたり。
魚の出汁の時には、鯛の刺身を投入すると、すごく良い出汁が出ます。
あれもやった、これも使ったと。。。離乳食のメニューを思い出しもしました。
夫が娘の食事を見て、鯛の出汁なんて贅沢すぎると羨ましがっていましたが、量が食べられないから、刺身用の鯛も3切れとか4切れで十分なんですよね。
今は体格もあり元気なら食欲も旺盛で、毎食ガッツリ食べる娘ですが、病人の今は、子供用のお茶碗1杯を軽く盛っただけで、お腹がいっぱいです。
娘はダイエット食だねって言っています。
そんな娘、もっか自分の体重が、とても気になるお年頃でもあり、この4日間で体重が3kg落ちた事をとても喜んでいます。