不妊治療は大変なようです

ある友人から、不妊治療をしていることを告げられて、私もしているかどうかを聞かれました。
すでにお互いが30代半ばに差し掛かり、仕事は順調でキャリアアップもしていて、ほどほどに働く旦那様と家も手に入れて、何も問題の無いような生活。
本当に幸せに過ごしていると思っていました。

しかし、自分の年齢だけが不満。
もう、すでに30代半ば?
まだまだ仕事もしたいし、遊びたい。

でも、友人と私はお金にはあまり苦労していないけれど、周りからは、おせっかいと言ってもいいような、
「お子さんは?まだつくらないの?」
「早く産まないと、産めなくなるよ。」
そんな言葉に、脅されるようになってきました。

友達は、それに耐えられなくなって、病院に行き、妊活を始めたそうです。そこで発覚した不妊の現実。
それは旦那さんに問題があるようでした。
友達(女性)は、検査したところ、異常が見つからずお医者様には、旦那さんにも病院で検査を受けるように連れてきたほうがいいと言われたそうです。

だけど、不妊と言われれば、女性に非があるという思い込みが多いですよね。
私もそう思っていました。
だから、友達は、いまだに、旦那様に「一緒に病院へ行ってほしい」と言えないそうです。

これは難しい問題ですよね。
男性に一緒に検査してほしいって、プライドを傷つけてしまいそうな気がします。
私は、能天気に構えていたので、少し焦りました。

妊活ってしなくちゃいけないの?
森三中の大島もそういえば、4月から妊活って…?

でも、友達の深刻そうな顔を見て、心配になりました。
その日は、話を聞いてあげるだけだったのですが、また今度相談されたときには、きちんと気持ちを理解してあげたいと思うので、不妊について自分でも調べてみようと思います。