男の先生

小学二年生の娘のクラスで、男の先生が担任になりました。
娘にとっては、初めての男の先生です。
女の先生のときと態度が変わるのかなと思っていたら、今までと変わらず、何があっても先生に相談する、甘えっ子の娘。
この間、髪留めがとれたと先生にもっていき、結びなおしてもらったとか。
ちょっと驚いてしまいました。
私は、男の先生に不信感があります。
高校生の時に芽生えた不信感です。
女子高だったのですが、男の先生の中には、お気に入りの生徒とそうでない生徒との間で、露骨に差が出る先生がいて、本当に嫌でした。
かわいい子、大人しい子、勉強がよくできる子がやっぱり人気で、そうでない子が間違えたりふざけたりするとすごく怒るくせに、そういう子が間違えても、正しい答えを優しく教えてあげたりしていました。
また、当時はセクハラなんて言葉もまだなかったのですが、体育着の生徒たちをじっと見ていたりする先生もいて、とても不潔な感じがしました。
もちろん、どんな生徒にも公正な態度をとる男の先生の方が多かったのですが、ごくわずかなそんな先生のせいで、男の先生に対する印象がかなり下がった気がします。
そんな私に言わせれば、小さいの子の髪の毛を結べるなんて、少女好きの教師だったらたまらなく楽しいだろうなと思うので、娘にはそういう無邪気な態度は控えてほしいと思うのですが、この年から先生への不信感を抱かせたくないし、なんと伝えればよいものか、悩んでいるところです。