就職祝いのマナー

就職祝いや入学祝など人生の節目には多種多様なお祝いごとが存在しています。
特別に親しい人同士でのお祝いのやり取りが、就職祝いだといえます。
マナーを細かく気にすることはないかもしれませんが、両者が守らなければならない程度の礼儀はあります。
就職は卒業と重なることがほとんどです。
就職祝いの方を重視して、就職祝いとして送るのが、同じ時期に就職祝いと卒業祝いを贈る場合には普通だといいます。
就職先が決まったら、できるだけ早く就職祝いを贈りましょう。
入社式の前までにできれば渡したほうが良いでしょう。
入社式後のなるべく早い時期までに、どうしても遅くなってしまった場合には贈るように心がけましょう。
5,000円から20,000円が、お金で送る場合は相場ですが、送る側の年齢や付き合いの深さ、血縁関係の近さなどによっても違うといえるでしょう。
もしお祝いのお金をのし袋に入れて贈る場合は、表書に御祝とか就職御祝と書くと良いでしょう慣例としては、就職祝いのお返しは不要です。
電話やお礼状で感謝の気持ちは早めに伝えるようにします。
たとえメールでも親しい人へのお礼であれば平気です。
マナーにこだわりすぎなくて良いでしょう。
就職御祝いとしていただいたもののだいたい3分の1から2分の1を目安にお返しをする場合にすると良いでしょう。