タワーマンション大規模修繕工事を体験しました。

いま、住んでいるマンションで大規模修繕工事が行われています。
中古で売却に出ていたのを購入した物件で、内覧の際に間取りがとても気に入って即決しました。
その際、管理会社を良く調べなかったのが失敗でした。

世帯数の多いタワーマンションなので、工期は大変長く、半年以上にも及びます。
足場を組むだけでも時間がかかりましたし、作業員のみなさんも大変な労働ではあろうかと察しますが、それにしても、仕事の雑さが目について仕方がありません。
とにかく作業中は複数人いればおしゃべりは当たり前、作業完了後に、以前はなかったキズがそこらじゅうについていましたし、エアコンの室外機の扱いも乱暴で一度はガスが抜けました。

ウチの物でない、隣人のお宅の備品などを、なぜかウチの敷地にわざわざ置いたり、その挙句に風であおられてウチの所有物に思いっきり倒れてきたり。
不明なネジが転がっている、カッターナイフが何日も置きっぱなし、どころか、玄関まわりの塗装の際、玄関のストッパーにカッターナイフをあてがったり・・・
こういった作業をされる作業員さんの属する会社と言うのは、やはり下請けになると思うので、どんな名の通った会社に依頼をしても結局は同じ結果になるのでしょうか。

また、これがもし一軒家の住宅なら、依頼主の住民側の目が届きやすいので、もう少し丁寧な作業になるのではないかなとも思いました。
やはりマンションだけに、カーテンも閉め切りますし、玄関の外で作業されていたりしても、窓から監視するなどは出来ませんししません。
なので手抜きと言ったら何ですが、一軒家と同様なレベルの仕事はしないのではないかと勝手に諦めの境地の今日この頃です。

画像