ウサギおいしー

ヨーロッパ在住です。
先日のイースターの行事で、子ども達は卵、ウサギ、ヒヨコ、ベルなどの形をしたチョコレートさがしをしました。
通常は公園など屋外の広いところ、もしくは家庭の庭で行うらしいのですが、あいにく我が家はアパートなので庭がありません。
近くに住んでいる義母のアパートのベランダとリビングを借りて、あちこちにチョコレートを隠しました。
「あ、こっちにもある!すごいね。ウサギ、卵の大きいよ!」と娘は大はしゃぎでした。
サンタクロースと同じで、親や大人がやっていることは内緒、というのが暗黙の了解らしいです。
けっこうな量のチョコレートをもらって、娘は大喜びだったのですが「毎日ちょっとずつね」と約束して食後やおやつの時間に少しずつ食べています。
わたしも娘から少し分けてもらい、一緒に食べました。
どうせ子どもだましだろう、と味に期待していなかったのですが、意外とおいしかったので「ウサギ、おいしいね」と娘に言ったら「うーさーぎおーいし、かのやーまー」と歌いだしました。
確かに日ごろから日本の童謡を歌ったり聞かせたりしているのですが、子どもの記憶力とタイミングの良さに思わず笑ってしまいました。
まだ3歳なので理解していないかもしれませんが、一応「『ウサギがおいしい』っていう歌じゃないんだよ、この歌は」と説明しておきました。