大学時代の恩師に会いに行く

先日ですが私は午前中に大学時代の友人が入院している病院にお見舞いに行ってきました。
ちなみに友人は会社の帰りに交通事故に遭って右足を骨折して入院しています。
私も高校の時に階段から転落して左足を骨折した経験があるので友人の気持ちは理解できます。
友人は手術も無事に終わってすごく表情も穏やかでした。
私はお見舞いの品としておまんじゅうを渡しました。
友人は喜んでくれて、その場で美味しそうに食べました。
友人のお見舞いが終わってからは大学時代の恩師に会いに行ってきました。
恩師は私が在学中には悩み相談もしてくださったりして信頼できる人です。
仕事のストレスがたまっている時は恩師と話をすることで精神的に楽になったりします。
その後、恩師と2時間くらい話してから私は自宅に帰りました。
夕方からは中学時代の友人3人とカラオケに行ってきました。
友人は最近の曲が得意で今月発売の曲を3曲熱唱してくれました。
私は昔の曲しか知らないので1990年代の曲を5曲熱唱しました。
私はカラオケは久しぶりだった事もあり熱唱したことで気分爽快になりました。
カラオケが終わった後は近隣のラーメン屋に行って3人で豚骨ラーメンを食べました。
お腹がいっぱいになった後は自宅に帰りました。