寝不足の月曜日

私は日曜日の夜はいつも眠れない。
なぜかというと、翌日の月曜のこと、特に仕事のことを考えると緊張してしまうから。
それからもう1つ、休日に気が緩み朝遅くまで寝てしまい寝つきが悪いということがある。
そんなわけで、月曜日の朝も目覚めは悪く、頭も朦朧としていたが、車の運転は危険なので、最新の注意を払って行った。
職場に着いても、気を抜くと眠ってしまいそうなぐらいで、涙と鼻水がでで困った。
とはいえ、のんびりしていたというわけではなく、普段の月曜日にしてはお客さんが多くて全く途切れることなく、交代でとる昼食もやっと行けたのが2時45分だった。
休憩時間は1人で部屋にいられるので、束の間横になっていたが、たまに呼び出されて寝ていられない。
しかも、寝不足だから早く帰りたいと思っていたのに、夕方になってもなにやら難しい処理が続いて帰りが遅れた。
さらに上司の仕事まで手伝っていたら、いつのまにか夜の9時近くになり、家に連絡していなかったので焦ったがすでに遅く、実際家に着いたのは夜の10時だった。
当然ながら、帰りの運転もやばくて、かなりノロノロ運転だったと思う。
父は高齢なので9時に寝てしまっていたが、さすがに母は心配して起きていた。
こんなに遅くなったのは何年振りだろうか。寝不足の月曜日はつらい。