医療レーザーを使った脱毛方法

医療レーザーを使った脱毛方法についてです。
脱毛というと少し前までは電気針による脱毛が主流でした。
技術の進歩などから、医療レーザーや脱毛効果のある光を使うことが多くなっています。
医療レーザーが電気針にとって変わったのは、どういった事情があるのでしょう。
痛みが酷いこと、施術時間が長いことが電気針の欠点でした。
電気針では、毛の一つ一つに針で電気を通して脱毛をしたためです。
医療レーザーや光は痛みが少なく、時間が短く済むことから、人気が高まってきました。
医療レーザーと光の差は一体どんなものでしょう。
医療レーザーによる脱毛方法は、黒色に反応するレーザーを使い必要な部分に照射する事で、毛根の幹細胞を変形させて脱毛します。
光脱毛の場合は、様々な波長の光を肌表面に当てることによって、医療レーザーと同じように毛根の細胞を変形させる事で脱毛する方法になります。
脱毛に光を使う方法は、医療レーザーより肌に低刺激で、穏やかなものです。
医療レーザーには医療レーザーの利点があり、光には光の利点があるため、どちらがよりよいと言い切ることはできません。
どちらの脱毛が自分に合うかを見極めて、納得のいく方法で脱毛をしてください。ただし、医療レーザーはどこででも受けられるというものではありません。
医師の資格がある人しか、医療レーザーは扱うことはできません。
医療レーザーではなく光脱毛は施術をする為の資格があるわけでは無いので、施術を担当する人の知識や技術に差があるのは事実のようです。