男性が気を付けたい隠れ肥満

肥満の男性がこの頃は目立ちますが、30歳を過ぎると隠れ肥満の可能性も出てくるといいます。
男性に可能性の高い隠れ肥満は、内臓脂肪型肥満とも呼ばれているものです。
生活習慣病の症状が悪化しないようにするためには、メタボに気を配るだけでなく、男性に多いという隠れ肥満に対しても、用心しておく必要があるでしょう。
見るからに脂肪が多く、体重のある肥満体型もありますが、それ以外の肥満もあるため、一見しただけでは肥満か否かはわかりません。
骨太だったり、筋肉質だったりという男性も多いですが、脂肪が少なければ肥満ではありません。
健康維持に支障が生じるほどの脂肪を体内に蓄えている人が肥満であり、肥満かどうかの線引きは体脂肪率を計測して判定します。
内臓脂肪がより多いほうが内臓脂肪型肥満、皮下脂肪がより多い方が皮下脂肪型肥満になります。
血液中により脂肪が溶け込みやすい内臓脂肪型肥満は、高血糖や高脂血症になやりすい体質になるといいます。
40代以降の男性で、内臓脂肪型肥満体型の人は、生活習慣病の可能性が高くなると言われているようです。
肥満の度合いが進むと、内臓脂肪型肥満でもお腹のでっぱりが目を引きますが、そうなる前から肥満の症状は出ているといいます。
内臓脂肪が蓄積していることが、一見した限りではわからない状態のことを、隠れ肥満といいます。
男性の中でも若年層の間に隠れ肥満率が高くなっています。
いつの間にか生活習慣病になっていることもありますので、肥満対策は十全を期しましょう。