格安航空会社を利用することについて

格安航空会社(LCC)の各社が、主に運航乗務員の不足に伴い大量欠航の見込みを相次いで発表している。
私はこのLCCにそもそも価格の安さ以外に大きな魅力を感じない。
大手の航空会社とは違って、明らかに違うサービスの質、あと最も気になるのはキャンセル時のチケットの扱いや
トラブル時の振替便の手配など、通常時ではないときの会社の対応について、やはり大きな不便さを感じ、不安に思うからだ。
国内線ならともかくこれが国際線で、海外で自分の乗ろうとしていた飛行機が欠航になってしまったなどといったときに、自分で全てそのあとの始末をつけなければならないと思うとかなり不安だ。
だから、LCCというのは、むしろ旅慣れた時間にもお金にも余裕のある人が利用すべきものではないのかと思っている。
そして、今回の運航体制の立て直しの件も、パイロット不足、という理由だそうだが、そこが今ひとつよくわからない。
元々はLCCは大手航空会社の出資から誕生していて、今も系列関係であるのだから、
運航計画を立てる時点で容易に予測がついたのではないのかと思うし、不足しそうだと分かった時点で出来るだけ早くその補填に対処する方法はあったのではないかと思う。
マイナスイメージを避けるためにも、LCC各社の連携など今後も対策は打たれていくのだろうか。
ともあれ、LCC各社とも発足してからまだ何年もたっていない。
やっとその存在がマスコミなどを通じて認知され始めてきたばかりなのだ。
見通しの甘さが指摘されているけれどもその甘さが最も大切な安全に対する不安に転嫁されることだけは絶対に避けなくてはいけないと思う。
望むのは快適で安全な空の旅。冒険やドキドキは旅先に着いてからで十分だ。