大谷投手の今後に期待

日米野球の大谷投手に対する海外の反応は非常に良かったようです。海外といっても特にアメリカとなりますが、メジャーのスカウトマンから高い評価を得るピッチング内容だっと思われます。

周知されている内容となりますが、本人は高校時代からメジャー挑戦を明言していたこともあり、今でもメジャーでプレーすることを強く思っていることと思います。ただ、日本での海外移籍に必要な国内FA権の取得は大谷投手に関しては、あと7年が必要となります。それまで日本で飼い殺しをする必要は無いと思います。すぐにでも通用する投手でありますので、ポスティング制度を利用して、1年でも早くメジャー挑戦をしてもらいたい。

メジャー側の情報では、来年のシーズン終了後にポスていング制度を利用した場合、ダルビッシュの時の移籍金を大きく上回る金額になるとの予想がなされています。ダルビッシュが移籍した時とは年齢が若いことも要因の一つかと思いますが、それ以上に大谷投手のポテンシャルと実力を評価しているものであると感じます。

日本球界にとってはメジャー挑戦によって、人気低迷や球団にとっても大きな戦力ダウンとなることになることは痛手となることは分かります。ただ、野球ファン側としては、メジャーに挑戦できるのであれば、すぐにでも挑戦すべきだと思います。

野茂投手がパイオニア的な存在としてメジャーへの道を切り開いてきましたが、毎年のように有望な投手や野手がメジャーへ流出することに日本野球は懸念を表してきましたが、実際に、日本野球の実力が落ちたとは思えませんし、逆に日本野球のレベルが上がっていっていると感じます。また、野球少年や高校球児等にとってもメジャーを身近に感じる出来ることで、野球人口やレベルの底上げに繋がりますので、是非ポスティング精度を利用して活躍する姿を1年でも早く見せてもらいたいと強く思います。