喫煙者にはつらい世の中

オリンピックにむけ、飲食店、公共スペースでの禁煙を東京都が検討しているのだとか。
私の場合は喫煙しませんので、どうなろうと一向に構わないのですが、吸う人にとっては由々しき問題でしょうね。
それでなくても禁煙のエリアが、相当増えてきてますからね。
マクドナルドもつい最近、禁煙にしましたがやはり客は減っているらしい。
まあ、ここの場合はチキンの問題もありましたから、一概にこれのせいだとは言えませんけどね。
飲食店の中では分煙しているところが、一番多いのではないかな。
しかし、席の位置によっては全く意味のないこともあり、なんで分煙しているのかわからないようなところも多いです。
この場合、一方的に迷惑をこうむるのは喫煙しない側です。
どれだけあの臭いが食事をまずくするのか、店は理解しているのでしょうか。
副流煙の問題も、かなり認知されてきている中、こういう対応しかできない飲食店には、少し考えていただきたいですね。
臭いだけでも嫌だという人も結構いますが、最低限のマナーさえしっかり守っていってもらえれば、そこまで文句を言う人も少ないと思います。
でも今回の場合はオリンピックという大義名分がありますから、すんなり禁煙する方向に進んでいくかもしれませんね。