売り物にはならないジャガイモ

友人の家に大量のジャガイモが送られてきたそうで、事情を説明して職場の人にお裾分けしていました。
実家でジャガイモを作っていて、食べられるけど売り物にはできない、本来廃棄されるジャガイモが、ダンボール2個分送られてきたそうです。

実際に物を見せてもらうと、小さすぎたり、形が歪な物がビニール袋に詰められていました。
腐ってたりはしない程度に傷物のジャガイモも、ダンボールの中には入ってたそうですが、さすがにそれは自分で処理するとのこと。
見た目や大きさが原因で廃棄されるジャガイモでも、味自体は問題ないとのことなので、数袋分貰ってきました。

とりあえず小さいものは丸ごと素揚げにします。
一度洗って箸が刺さる程度にレンジで加熱してから、皮ごと油の中へ入れ、低温からじっくりと揚げて、中までホクホクになったら塩を振って完成。

形が歪な物はポテトサラダに。
形が悪くても潰しちゃえば関係ないですからね。
素揚げだとくっつく恐れもないので、揚げてる間暇ですし、皮を剥いてからレンジでしっかり加熱し、ポテトマッシャーでグニグニと潰していきます。
このために100円ショップでポテトマッシャーを買って来ました。

どっちも変な味はしませんし、特に素揚げの方はシンプルで素朴な味と、無理なく一口で食べきれるサイズで、かなりモリモリ食べられます。
ポテトサラダは余ったので、報告がてら、明日のお弁当に詰めていきましょうかね。
形が悪いからとジャガイモを受け取らなかった人も居ましたけど、これはいいものを貰いました。