自己破産とはどんな手続きですか?

自己破産とは全ての債務の支払いから解放される手続きのことです。
裁判所に申し立てを行い、債務者に支払い能力が無いと判断されると破産手続開始決定が下されます。
その後に免責不許可事由に該当しないことを条件に免責許可の決定が下されます。

自己破産では換価できる財産を持っている、持っていないで流れが変わります。
持っている場合は管財事件へと進み、長ければ半年から1年以上の期間が掛かります。
しかし弁護士を代理人に立てている場合は少額管財事件をご利用できる場合があり、2か月から3か月以内と期間が短くなります。

換価できる財産を持っていない場合は同時廃止へと進み、1か月から2か月ほどで免責許可の決定へと進めることが多いです。
自己破産は官報に記載される、一部資格や職業で一定期間就けなくなる、信用情報にキズが付いて5年から10年と長期間借入ができなくなる、連帯保証人に迷惑が掛かる、裁判所を通す手続きなのでご本人で進めることが難しいなど様々なデメリットがあります。

ですが多額の借金でも全て清算できると言うのは大きいです。
自己破産の手続きが難しい場合は弁護士または司法書士にご依頼することができます。
先ほど述べたように弁護士のほうが少額管財事件を扱える分だけメリットが大きいです。
その代わりに司法書士より費用が掛かります。

画像