ネイル資格試験はJNAとINAの2種類だが、無くてもネイリストにはなれる。

ネイリストになるのに、国家資格や公的資格はありません。
その代わり2つのNPO、日本ネイリスト協会(JNA)とインターナショナルネイルアソシエーション(INA)が認定試験を行っています。

まず、JNAが行う資格認定試験は3つあります。
ネイリスト技能検定試験1級から3級、JNAジェルネイル技能検定試験初級・上級、JNA講師認定試験です。
資格試験は、まず3級と初級から始めます。

3級は、ケアに関する基礎知識や技術、2級では実際のサロンで使われる、アートやケアといった技術を審査します。
1級は総括的な技術や知識を習得しているかどうかが見られます。
技能検定試験は、ジェルネイルを安全安心に使い、施術するための技術を見ます。
JNA講師認定試験は、ネイリスト1級を持っている・サロンで働いているなどの条件が必要になります。

もう1つの認定機関のINAの資格試験は2つあります。
ネイルスペシャリスト技能検定試験と技能検定試験です。
スペシャリスト技能検定試験はネイリストとしての正しい知識と技術が求められ、学生・初心者向けのA級と、プロ向けのPA/AA/AAA級があります。

ジェルネイルは施術に必要な知識・技術の検定です。
1級から3級まであり、この試験は2ヶ月に1度行われています。

参考サイト:「ネイル資格

画像