ニキビ治療の新しい有効成分

年齢・性別を問わず多くの人の頭を悩ませている肌トラブルの一種であるニキビ。
かつてはニキビに悩まされる人といえば10代半ば頃の若者が中心でしたが、今日ではニキビの問題を抱える20代や30代の人も珍しくはなく、年代を問わない皮膚病の一種となっているのです。

そもそもニキビができてしまう原因として、広く一般に知られているのがアクネ菌という菌の皮膚での増殖です。
このアクネ菌を滅菌することがニキビ治療の基本であり、最も効果の高い方法であると考えられているのです。、ニキビ治療のための有効成分予防として最近注目されているのが、レスベラトロールです。

レスベラトロールとは、ワインに含まれる成分の一つであり、ポリフェノールの一種となっています。
このレスベラトロールがアクネ菌の殺菌効果があるという報告がアメリカのある医科大学の研究グループによって発表され、新たなニキビ治療の方法として注目を集めているのです。

レスベラトロールは他のニキビ治療の成分と比較して毒素が少ないという点に大きな特徴があります。
つまりリスクを抑えつつ治療を行うことができる可能性があるとして、今後さらなる研究と薬の開発が期待されているのです。

なお、レスベラトロールの成分が含まれたサプリは現在販売されているので、摂ることでニキビ改善に効果があるかもしれません。