借金したら身の破滅が待っていますか?

ここ最近は余り聞かなくなった言葉に「借金ほど怖いものはない」と言うのが有ります。
実は、私自身の経験ではないのですが、身近で2人ほどこの言葉がそのまま当てはまる様な方が居られるのです。
以下では、それぞれの方の事例についてご紹介したいと思います。

まず一人目ですが、その方は地元では優良企業と知られている会社へ就職されていたのですが、気楽な独身貴族生活を送っている内に夜の女に入れ込んでしまったのです。
その結果、色々と私生活が乱れてきてしまい、会社も休み勝ちとなっていき、最終的にはそこをやめざるを得なくなってしまったのです。
そればかりではなく、その人は住宅ローンを組んで自宅を購入していたのですが、退職によりそれが払えなくなった挙句、解決方法として自宅を任意売却したそうです。
今はどこかの会社の寮に入り、借金返済生活を送っています。

もう一人の方は自営業者だったのです。
親から引き継いだ経営基盤によって地味ながらも利益を出していたようですが、この地味さに嫌気が差したのでしょうか。
詐欺話にうまいこと騙されて、資産を持って行かれてしまったのです。
これはショックなことだと思うのですが、ここからがその人の悪い所で、親戚や友人知人に様々な借入をした挙句、それを全く返さなかったのです。

その人、銀行からも事業資金の借り入れをしていたのですが、それすらも返さず、最終的にお店の土地を競売にかけられ、地元を追い出されたかの様に他所に行くことになってしまいました。
最近は住宅ローンを始め、借金をするのが当たり前の世の中になっていますし、簡単に借りられる方法がたくさんありますが、この怖さをしっかりと心に留めておいたほうが良いと思います。

画像