フジテレビから放送免許を取り上げても良いと思う

日曜日の夜のテレビ番組は、つまらない番組が多い。
だから、日曜日の夜の時間帯は、録画してあるテレビ番組を見るか、音楽を聞くようにしている。
つい最近、22時からフジテレビで放送している情報番組で、兵庫県の元県議会議員を追いかけまわしている番組を見たことがあった。
この元県議会議員は、公費をだまし取って起訴された人物だったと記憶している。
この人物は、責任をとって議員を辞職している。
フジテレビは、この人物に対して、事前の取材申し込みをしないで、自宅前で突撃取材を敢行したのだった。
当たり前なのだが、元議員は取材を拒否した。
そして、逃げ始めた。
フジテレビは、元議員を追いかけまわして大声で「なぜ逃げるんですか!」と叫んでいた。
それを、フジテレビは放送したのである。
公費をだまし取った元議員には問題があるのだが、フジテレビのこのような取材方法や、そのまま放送してしまうという倫理観の欠如にも問題があると思う。
つまり、フジテレビは視聴率を欲しかったのだ。視聴率を取れると思ったから、元議員をわざと追いかけまわして、それを撮影して放送したのだ。
はたして、フジテレビに放送免許を与え続ける意義があるのだろうか疑問に思った。
総務省は、放送免許を取り上げても良いのではないかと思った。