昔好きだった映画

小さい頃、キョンシーというものが出てくる霊幻道士という香港映画がありました。
日本で、それ以上に有名だったのが、台湾が製作した幽幻道師という映画でしたね。
この幽幻道士にも、同じくキョンシーが出てくるのですが、このキョンシーという動く死体は、前に手を出してピョンピョンと跳ねるのです。
現代の若い人ってキョンシーは知っているんでしょうかね。
昔に、ゲームボーイのスーパーマリオランドでしたか、それに敵として出てきていたのを思い出しますが(笑)
当時、その幽幻道士に出てくるキャラで、テンテンという女の子のキャラが出てくるのですが、当時惚れてしまいました・・
凄くかわいかったんですよね・・
それに、キョンシーの登場人物って、なぜかみんなカンフー?のような武術が使えて、みんなかっこいいんですよね。
テンテンも何かしらそのような武術というか、キョンシーをおとなしくさせる特殊な動きみたいなのがあって、それがかっこよく見えるんです(笑)
かわいい+なんか特殊な力を持っている子って事で、好きでしたね~。
ほかに、登場人物で好きだったのが、金じいさんでした。
この金じいさんは本当に強くて、おじいさんなのに凄い動きでキョンシーをおとなしくさせます。
この独特のカンフーのような動きが凄かったですね。
香港や台湾などの映画って、体を使った武術的表現が、昔から凄いなと関心してましたね。
今みてもやはり凄いですから。
また久しぶりに見ようかな~。