借金の問題を帳消しできる自己破産とは

お金に困ってどうしようもなくなった時の手段があります。
自己破産という、借金生活から逃れるための債務整理方法のひとつです。
債務整理には、他にも任意整理、個人再生、特定調停といった方法があります。
この四つの方法の中で、借金を完全に帳消しにできるのは自己破産だけです。

破産手続きが完了すると、取り立てから追われるようなことはなくなります。
仕事で得たお金を、借金の返済に回すようなことはせずに自分のために使うことができます。
普段の生活で四苦八苦するようなことはありません。
家庭の中にゆとりが生まれ、落ち着きのある暮らしを取り戻すことができます。

いいこと尽くめのように思われるかもしれませんが、デメリットも当然あります。
生活に不必要と判断される財産が没収されます。
弁護士や司法書士など、責任ある職に就くことが難しくなります。

参考:「自己破産借金帳消し

ブラックリストに名前が記載され、新規の借り入れはできなくなります。
社会的な信用を失い、後ろめたさを感じながら質素な生活を送ることになります。
自己破産は、あくまで最後の手段です。

他の債務整理ではどうにも解決できない時に、手続きを踏むことになります。
借りたお金を返すというのは、債務者に課せられている当然の義務です。
破産手続きを済ませたからもう関係ないということではなく、反省しながら節度ある暮らしをすることになるのです。

画像