エボラ出血熱は、いつ日本に入って来てもおかしくない状況?

画像


エボラ出血熱がアフリカ大陸で流行し始めてから爆発的にその感染者の数が増えていっていましたが、先日ついにアメリカでも二次感染者が確認され、ちょっとした騒動に成りました。
水際作戦で防げると考えられていたものの、結局検査できるのは発症してからということになるので、それまでウイルスを体内に宿していたとしてもまったく検知できないというのが現状のようです。

一応申し訳程度に患者を隔離しているようですが、その治療にあたっていた人がまた感染してしまうなど被害が広がっていく一方です。
そして今回はなんと人の多いニューヨークでリベリアに国境なき医師団として参加していたお医者さんがエボラ出血熱を発症していたとかで、前日までにバーでボーリングをやっていたり、地下鉄を利用したり、近所を数キロほどジョギングしていたという情報もあるので不安が広がっています。

こうなってくるといつ日本に入ってきてもおかしくないような状況が生まれてくるわけです。
もし入ってきても空気感染はしないとのことなので普通に接触するくらいでは問題ないのかもしれませんが、たとえば暖房がきいている電車の中で感染者が手汗をかいているところで手すりなんかに掴まっていれば、その手すりをまた掴んだ人にウイルスが移るなんてことも充分に考えられます。

そうなると連鎖的に発症者が増える危険がありますね。
早いところ拡大を食い止めてほしいです。