口唇ヘルペスの薬は、再発用しかドラッグストアに売っていない理由。

数日前から唇がピリピリしているのが気になっていました。
乾燥してるんだな、とリップクリームを塗りたくっていましたがなかなか改善されないのでおかしいと思っていました。
今朝鏡を見ると、そのピリピリした部分に水ぶくれが出現しているではありませんか。
これはもしや口唇ヘルペス!?

よく妹が「また口にできた」と言って嘆いているのを笑って見ていた私ですが、実際自分がなってみると想像していたよりも痛いものなんですね・・・。
妹よ、笑ってごめんよ~。

そう言えば、母もよく唇の端に水ぶくれを作っていたっけ。
母はその水ぶくれを「くされっこ」と呼んでいて、寝不足とか食べ過ぎでなるのよ、と言っていました。
さてさて、この水ぶくれは自然に治るものなのかしら、と調べてみると、どうやら2週間くらいで瘡蓋になって治るらしいのです。

2週間。
長い、長すぎます。 
ドラッグストアの市販品で治せないかと、またまた調べてみたのですが、再発の場合の薬しか売っていないようなのです。

なんでも、ヘルペスかどうかの判断が難しいので初めて水ぶくれができた時はきちんと皮膚科に行って薬をもらわないといけないみたい。
水ぶくれの上から唇に貼る保護シートなんていうのも売っていて、その上から化粧もできるんですって。
マスクをできない人にとっては役立つだろうな、と思って値段を見たら、なかなかのお値段。

でも就職活動中とかだったら買うだろうな、と考えてしまいました。
とにかく早くこのピリピリが治まって欲しいものです。

画像