ペーパードライバー脱出は考え方を変えることから。

必要にかられて、15年以上もペーパードライバーだった私が車の運転を始めました。
もう2度とハンドルを握ることなどないと思っていたので、自分が運転しているという事実に一番驚いているのが私自身です。
今回、運転を再開して思った事は誰でも頑張れば運転出来るんだということです。

これは私自身、とても大きな気付きとなりました。
私はこれまで自分に自信がなく、車の運転もなかなか上達しなかったので無理だと諦めていたのです。
自信がないからドキドキして不安になります。

不安になるからオドオドした運転になり、他の車から煽られたり、クラクションを鳴らされたり、時には怒鳴られたりもしていました。
自分の思うことが全て現実になってくるから不思議です。
今話題の「引き寄せの法則」がそのまんま悪い方向に反映されていたみたいでした。

でも今回、どうしても車の運転をしなければならなくなり、なんとかしなければという気持ちの方が大きかったんだと思います。
以前抱えていた不安より、なんとか上達しなければという前向きな思いの方が大きく、その結果、脱ペーパードライバーになれたんだと思います。
このことで考え方がガラリと変わりました。

やる前から不安になるより、何でも楽しく実行しようと思うようになりました。
すると今までとの景色が変わり、なんでも上手くいくようになりました。
考えかた次第で結果も変わってきます。
これからもこのことを忘れず、どんどん新しいことにチャレンジしていきたいです。

画像